3つの無料の動画で
あなたの部下育成の悩みを解決します
あなたは当てはまりますか?マネジャーは毎日、悩まされています……
プレイヤーとしてすべきことは分かるが・・・
部下にどう指示すれば伝わるのか
こんなことはありませんか?
  • 自分が結果を出してきた方法を教えても、部下が同様の結果を出せない
  •  自分で動いた方が早い・結果が出るので自分でやってしまう
  •  何度説明しても、正確に理解してくれないので、部下に指示する時間がもったいなく感じ、自分が動いてしまう
  •  プレイヤー感が抜けず、いざマネジメントと言われてもどうしてよいか分からない
口うるさく言うと、部下が成長しないのでは
部下のやる気と自主性を尊重します
こんなことはありませんか?
  • あまり強く言うと、部下のやる気がなくならないか不安
  •  1から10まで教えては、部下が育たないのでは?
  •  部下が指示待ち人間にならないよう、指示しすぎないようにしている
  •  部下のモチベーションが下がらないよう、自主性を大切にしている
    「ゆとり世代はこれだから・・・」
    部下が何を考えているか分かりません
    こんなことはありませんか?
    • 何を言っても、言葉が部下に響いていないように感じる
    •  何度指示しても、部下が行動に移さない
    •  報連相の徹底を呼びかけても、3日坊主で終わってしまう
    •  予算や目標を達成できなくても、仕方ないという組織の雰囲気になっている

    そして近年では、年上の部下をもつマネジャーや男性組織を統括する女性マネジャーなどマネジャーのスタイルが多様化しており、「部下に指示しづらい」と感じている方も増えています。

    またワークライフバランス等、メンバーの仕事に対する考え方も多様化しており、組織をまとめ上げることが以前より一層難しくなってきていることも事実です。

    部下の価値観や考え方を変えなくても、組織を改革する方法とは?

    部下育成、組織改革と聞いて、あなたは何をすべきと考えますか?

    「メンバーの意識を変える」

    「個々のバラバラのベクトルを、目標に向けて揃える」

    「現状を調査し問題点を洗い出して、組織で統一した見解をもつ」

    もちろん、部下の意識を変えることも大切です。

    しかし、言葉ひとつで部下がこれまでの経験で培ってきた考え方や価値観を変えることは難しく

    それを行うには膨大な時間と労力が必要です。

    そんな意識改革に取り組まず、部下育成や組織改革をすることができたら・・・

    マネジメントのハードルは下がるのではないでしょうか。

    そんなことを言っても、本当に部下や組織の考え方を変えずに部下育成を行うことができるのか?

    そう思いますよね。

    ベストセラー「絶対達成する部下の育て方」の著者である横山信弘と、

    実践者の9割が成果を出すマネジメント手法「壁マネジメント」の第一人者であり、年間200回以上、

    企業の現場に入り組織改革に取り組む山北陽平が、あなたの不安を代弁しそんな方法があるのか徹底的に議論します。

    現場を数千と見てきた2人だからこそ知る部下育成のコツをご紹介します。

    価値観の違う部下との接し方とは?

    部下が指示内容を受けて、指示に対し「嫌」「めんどくさい」「それは必要なのか」という態度を見せた時、あなたはどのような対応をしていますか?

    また、部下のそのような態度が続くと、次回指示をすることを諦めたりしてはいませんか?

    組織で結果を出すためには、部下の反応に関わらず指示した行動をとらせる必要があります。

    では、マネジャーはどのように指示を出すべきなのか?

    部下の「性格」や「価値観」に振り回されずに、組織に正しい指揮命令系統を築くために必要な接し方のコツを解説します。

    言い訳する部下とコミュニケーションする
    6つのポイント

    ルールや規則を破った時に一番多い言い訳をご存知ですか?

    それは「外部要因」を言い訳にすること。

    組織にルールや規則を守る・やり切る習慣がまだ根付いていない場合、「やれば必ずできること」や「できない理由がないこと」をルールとして設定することが鍵となります。

    では、そのルールを徹底させるためにマネジャーがすべきとことは。

    半数以上のマネジャーが見落としている最重要ポイントを知りたい方は是非、ご覧ください。

     上司が徹底すべきたった1つのこと

    組織にルールが根付くまで、あなたなら何に注意しますか?

    「メンバーに説明し、全員が理解していたから1週間様子を見よう」

    「実行にバラつきがあるが、2週間で根付くはずがないから、もう少し様子見しよう」

    「1ヵ月経ったが、ルールが形骸化してしまっている・・・」  

    こんな経験はありませんか? 

    「様子見」。実はここに注意すべきポイントが隠れています。ルールの守らない部下・組織にお悩みのマネジャー必見のテクニックをお伝えします。

    ■講師

    横山信弘

    株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ 代表取締役社長

    企業の現場に入り、目標を絶対達成させるコンサルタント。支援先は、NTTドコモ、ソフトバンク、サントリー等の大企業から中小企業にいたるまで。3大メガバンク、野村證券等でも研修実績がある。企業研修は、基本的に価格がつけられず「時価」。にもかかわらず、研修依頼はあとを絶たない。現場でのコンサルティング支援を続けながらも、年間100回以上の講演実績は6年以上を継続。

    ベストセラー「絶対達成シリーズ」の著者であり、メルマガ「草創花伝」は3.7万人の経営者、管理者が購読する。コラムニストとしても人気で、日経ビジネスオンライン、Yahoo!ニュースのコラムは年間2000万以上のPVを記録する。 著書『絶対達成マインドのつくり方』『「空気」で人を動かす』など著書の多くは、中国、韓国、台湾で翻訳版が発売されている。

    山北陽平

    株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ コンサルタント

    米国NLP協会認定 NLPマスタープラクティショナー

    JMC認定販路コーディネーター認定講師 

    1979年生まれ三重県出身。富士通グループ主力販売会社を経て、株式会社アタックスへ入社。営業として、東海エリア250人中1位の実績をとりMVPを獲得。その後、営業のコンサルタントとして企業のコンサルティングに従事する。現在はNTTドコモ、パナソニックグループ、朝日新聞社、などの大企業から、中小企業まで、多くの企業に「行動分析学」をもとにした行動改革指導を実施している。その指導は年間200日、1000時間を超えており、指導対象のビジネスパーソンは年に3000人にのぼる。 

    5年間の在籍期間に100社以上のコンサルティングを経験し、様々な業種業態の課題解決手法を持っている。専門の営業とマーケティング以外にも、製造、技術、管理、企画、クリエイト、物流など広範囲の組織変改を実現するコンサルティングを展開。リピートオーダーが絶えず、現在5年後のスケジュールまで埋まっている。机上の空論ではなく、現場の中で作り出した指導ノウハウは参加者の9割が設定した問題を解決するという圧倒的な成果を出している。とことん結果にこだわった指導スタイルは多くの経営者、マネジャーから絶大な評価を得ている。

    Step1 下記フォームよりご登録ください

    下記登録フォームに必要事項をご入力の上、ご登録ください。

    登録完了後、弊社より登録完了のご連絡をメールにてお送りいたします。

    ※個人情報の取扱についてはこちらをご確認ください。

    Step2 メールをご確認ください

    講師 山北陽平がお送りするメール内の動画視聴ボタンよりご確認ください。

    またこのメールでは、今回お送りする動画に関連した部下指導のテクニックや、本動画の解説、追加資料のご紹介等も行いますので、是非ご確認ください。

    Step3 動画をご視聴ください
    あなたは当てはまりますか?マネジャーは毎日、悩まされています……
    ケース1
    プレイヤーとしてすべきことは分かるが・・・部下にどう指示すれば伝わるのか
    こんなことはありませんか?
    • 自分が結果を出してきた方法を教えても、部下が同様の結果を出せない
    •  自分で動いた方が早い・結果が出るので自分でやってしまう
    •  何度説明しても、正確に理解してくれないので、部下に指示する時間がもったいなく感じ、自分が動いてしまう
    •  プレイヤー感が抜けず、いざマネジメントと言われてもどうしてよいか分からない
    ケース2
    口うるさく言うと、部下が成長しないのでは部下のやる気と自主性を尊重します
    こんなことはありませんか?
    • あまり強く言うと、部下のやる気がなくならないか不安
    •  1から10まで教えては、部下が育たないのでは?
    •  部下が指示待ち人間にならないよう、指示しすぎないようにしている
    •  部下のモチベーションが下がらないよう、自主性を大切にしている
    ケース3
    「ゆとり世代はこれだから・・・」部下が何を考えているか分かりません
    こんなことはありませんか?
    • 何を言っても、言葉が部下に響いていないように感じる
    •  何度指示しても、部下が行動に移さない
    •  報連相の徹底を呼びかけても、3日坊主で終わってしまう
    •  予算や目標を達成できなくても、仕方ないという組織の雰囲気になっている

    そして近年では、年上の部下をもつマネジャーや男性組織を統括する女性マネジャーなどマネジャーのスタイルが多様化しており、「部下に指示しづらい」と感じている方も増えています。

    またワークライフバランス等、メンバーの仕事に対する考え方も多様化しており、組織をまとめ上げることが以前より一層難しくなってきていることも事実です。

    部下の価値観や考え方を変えなくても、組織を改革する方法とは?

    部下育成、組織改革と聞いて、あなたは何をすべきと考えますか?

    「メンバーの意識を変える」

    「個々のバラバラのベクトルを、目標に向けて揃える」

    「現状を調査し問題点を洗い出して、組織で統一した見解をもつ」

    もちろん、部下の意識を変えることも大切です。

    しかし、言葉ひとつで部下がこれまでの経験で培ってきた考え方や価値観を変えることは難しく

    それを行うには膨大な時間と労力が必要です。

    そんな意識改革に取り組まず、部下育成や組織改革をすることができたら・・・

    マネジメントのハードルは下がるのではないでしょうか。

    無料の3つの動画で部下育成の悩みを解決します

    そんなことを言っても、本当に部下や組織の考え方を変えずに部下育成を行うことができるのか?

    そう思いますよね。

    ベストセラー「絶対達成する部下の育て方」の著者である横山信弘と、

    実践者の9割が成果を出すマネジメント手法「壁マネジメント」の第一人者であり、年間200回以上、

    企業の現場に入り組織改革に取り組む山北陽平が、あなたの不安を代弁しそんな方法があるのか徹底的に議論します。

    現場を数千と見てきた2人だからこそ知る部下育成のコツをご紹介します。

    価値観の違う部下との接し方とは?

    部下が指示内容を受けて、指示に対し「嫌」「めんどくさい」「それは必要なのか」という態度を見せた時、あなたはどのような対応をしていますか?

    また、部下のそのような態度が続くと、次回指示をすることを諦めたりしてはいませんか?

    組織で結果を出すためには、部下の反応に関わらず指示した行動をとらせる必要があります。

    では、マネジャーはどのように指示を出すべきなのか?

    部下の「性格」や「価値観」に振り回されずに、組織に正しい指揮命令系統を築くために必要な接し方のコツを解説します。

    言い訳する部下とコミュニケーションする6つのポイント

    ルールや規則を破った時に一番多い言い訳をご存知ですか?

    それは「外部要因」を言い訳にすること。

    組織にルールや規則を守る・やり切る習慣がまだ根付いていない場合、「やれば必ずできること」や「できない理由がないこと」をルールとして設定することが鍵となります。

    では、そのルールを徹底させるためにマネジャーがすべきとことは。

    半数以上のマネジャーが見落としている最重要ポイントを知りたい方は是非、ご覧ください。

     上司が徹底すべきたった1つのこと

    組織にルールが根付くまで、あなたなら何に注意しますか?

    「メンバーに説明し、全員が理解していたから1週間様子を見よう」

    「実行にバラつきがあるが、2週間で根付くはずがないから、もう少し様子見しよう」

    「1ヵ月経ったが、ルールが形骸化してしまっている・・・」  

    こんな経験はありませんか? 

    「様子見」。実はここに注意すべきポイントが隠れています。ルールの守らない部下・組織にお悩みのマネジャー必見のテクニックをお伝えします。

    ■講師

    横山信弘

    株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ 代表取締役社長

    企業の現場に入り、目標を絶対達成させるコンサルタント。支援先は、NTTドコモ、ソフトバンク、サントリー等の大企業から中小企業にいたるまで。3大メガバンク、野村證券等でも研修実績がある。企業研修は、基本的に価格がつけられず「時価」。にもかかわらず、研修依頼はあとを絶たない。現場でのコンサルティング支援を続けながらも、年間100回以上の講演実績は6年以上を継続。

    ベストセラー「絶対達成シリーズ」の著者であり、メルマガ「草創花伝」は3.7万人の経営者、管理者が購読する。コラムニストとしても人気で、日経ビジネスオンライン、Yahoo!ニュースのコラムは年間2000万以上のPVを記録する。 著書『絶対達成マインドのつくり方』『「空気」で人を動かす』など著書の多くは、中国、韓国、台湾で翻訳版が発売されている。

    山北陽平

    株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ コンサルタント

    米国NLP協会認定 NLPマスタープラクティショナー

    JMC認定販路コーディネーター認定講師 

    1979年生まれ三重県出身。富士通グループ主力販売会社を経て、株式会社アタックスへ入社。営業として、東海エリア250人中1位の実績をとりMVPを獲得。その後、営業のコンサルタントとして企業のコンサルティングに従事する。現在はNTTドコモ、パナソニックグループ、朝日新聞社、などの大企業から、中小企業まで、多くの企業に「行動分析学」をもとにした行動改革指導を実施している。その指導は年間200日、1000時間を超えており、指導対象のビジネスパーソンは年に3000人にのぼる。 

    5年間の在籍期間に100社以上のコンサルティングを経験し、様々な業種業態の課題解決手法を持っている。専門の営業とマーケティング以外にも、製造、技術、管理、企画、クリエイト、物流など広範囲の組織変改を実現するコンサルティングを展開。リピートオーダーが絶えず、現在5年後のスケジュールまで埋まっている。机上の空論ではなく、現場の中で作り出した指導ノウハウは参加者の9割が設定した問題を解決するという圧倒的な成果を出している。とことん結果にこだわった指導スタイルは多くの経営者、マネジャーから絶大な評価を得ている。

    簡単3ステップ
    ご視聴までの流れ
    Step1 下記フォームよりご登録ください

    下記登録フォームに必要事項をご入力の上、ご登録ください。

    登録完了後、弊社より登録完了のご連絡をメールにてお送りいたします。

    ※個人情報の取扱についてはこちらをご確認ください。

    Step2 メールをご確認ください

    講師 山北陽平がお送りするメール内の動画視聴ボタンよりご確認ください。

    またこのメールでは、今回お送りする動画に関連した部下指導のテクニックや、本動画の解説、追加資料のご紹介等も行いますので、是非ご確認ください。

    Step3 動画をご視聴ください
    ご登録フォーム *は必須項目になります
    登録フォーム
    *は必須項目です
    E-mail *
    会社名 
    氏*
    名 *

    ※お客様の個人情報は、お客様へのご連絡およびセミナー運営のため必要な管理に利用させていただき、

    弊社及び共催企業のプライバシーポリシーに基づき適切に取り扱いいたします。

    ※お客様の個人情報は、お客様へのご連絡およびセミナー運営のため必要な管理に利用させていただき、弊社及び共催企業のプライバシーポリシーに基づき適切に取り扱いいたします。

    ご登録フォーム *は必須項目になります
    E-mail *
    会社名 
    氏*
    名 *

    ※お客様の個人情報は、お客様へのご連絡およびセミナー運営のため必要な管理に利用させていただき、

    弊社及び共催企業のプライバシーポリシーに基づき適切に取り扱いいたします。

    ※お客様の個人情報は、お客様へのご連絡およびセミナー運営のため必要な管理に利用させていただき、弊社及び共催企業のプライバシーポリシーに基づき適切に取り扱いいたします。

    Copyright (C) 2017 Attax Sales Associates All Rights Reserved.