TOP > セミナー・説明会 > これから開催するセミナー一覧 > 第二期 予材管理導入コース

第二期 予材管理導入コース

【開催地:東京】
2019/04/17(水)~2019/09/12(木)  開始時間:11:00 終了時間:17:00

「予材管理のすべて」を学び、導入したい方のための少人数制オープンコ―ス

「予材管理を導入したいけれど、どこから手をつければいいのか」
「予材管理をやっているつもりだが成果が出ない。どこが間違っているのか」

このような悩みを抱えている方に、ぜひ受講していただきたい講座です。

目標の2倍の「予材(予定材料)」をあらかじめ積み上げ、最低でも目標を達成させる経営マネジメント手法「予材管理」。外部環境や企業のライフサイクルに左右されることなく、本業で結果を出すシンプルでわかりやすい手法であることから、予材管理は「最強の経営手法」と呼ばれています。

しかしながら書籍などで勉強して取り組みはじめても、組織への落とし込みに苦労される企業様も少なくありません。

「予材管理」はシンプルでわかりやすい手法ですが、組織の特性や事業スタイルに合わせたカスタマイズが必要です。導入段階から、正しいプロセスを手順どおりに取り組むことが、予材管理で成果を出すためには一番の近道です。

どのような知識と手順が必要なのか、プロフェッショナルが教えます

今回の『予材管理導入コース(全6回)』では、数多のビジネスの最前線で予材管理を導入し、実際の成果をあげてきた指導責任者から直接「体系的な知識と手順」を学ぶことができる少人数制のコースです。

各回、書籍【予材管理のすべて】にそって導入に必要な知識を解説したうえ【予材管理クラウド】をつかって課題に取り組んでいただき、理解を深めていただきます。また、受講者それぞれの状況をふまえたフィードバックを得ることで運用までの道筋が見えてきます。

このような方々におすすめです

  • ・予材管理を導入したいが、どこから手を付けてよいかわからない
  • ・予材管理とはどのような手法なのか、体系的に学びたい
  • ・営業個人の力量に左右される属人的な営業体制を改めたい
  • ・新規市場開拓に取り組めるようにしたい
  • ・目標達成から逆算して、考え動く組織にしたい

予材管理クラウドをつかう3つの意義

予材管理クラウドは、予材管理を正しく導入・運用することに特化した専用ツールです。予材管理クラウドをつかって課題に取り組むことで正しい理解につながります。

【意義1】マネジメントツールの形骸化を防ぎ、予材管理が正しく機能します

エクセルで作成したマネジメントツールは誰でも改変することができるため、それぞれの営業担当者が自由にカスタマイズしてしまい、気づいたら統一したツールでなくなってしまっていた、ということがよくあります。また、自由に改変できることがユーザーから様々な変更要望を生み出し、結果的に非常に複雑なツールになってしまうことがよくあります。複雑なツールは、はじめて見る新入社員や他の社員には理解しづらく、ツールが形骸化してしまう可能性が高まります。
このような問題もユーザーが個々で簡単にカスタマイズできない予材管理クラウドを使用することで防ぐことができます。

【意義2】予材の状態を正しくスピーディーに把握し導入がスムーズになります

エクセルで管理表を共有すると、部下のシートを1つずつ開くストレス、そして集計作業が発生する管理表であればその集計作業に膨大な時間を浪費します。また、管理表がコピーされることによって最新の管理表がわからなくなるなど、多くの部下を抱えるマネジャーには大きなストレスになります。
しかし、予材管理クラウドを使用すれば集計作業は1クリック。そして管理表をコピーされる恐れもありませんので、いつでも簡単に部下の最新の管理表を確認できます

【意義3】リアルタイムのコミュニケーションによりPDCAが高速化します

予材管理クラウドを活用してマネジメントすることで、各予材に指示を出し、その指示内容をリアルタイムに反映・確認することができるようになります。遠方にいる部下や外出中の部下でも、インターネット環境さえあればリアルタイムでマネジメントできます
また、予材管理クラウドではKPIカウントシートと予材管理シートが連動しているため、部下の営業活動がどの予材のために行われているかも一目瞭然です。

受講スケジュールと内容

全6回集合型研修 カリキュラム

第1回「予材管理概論」
  • 「予材管理」の全体像と運用のポイント
  • 「予材の埋蔵場所」を正しく特定する方法
  • 課題:予材ポテンシャル分析をおこなってみよう
第2回「予材の描き方」
  • 「案件管理」「商談管理」と「予材管理」の違い
  • 3つのポテンシャルをふまえた「白地」の描き方
  • 課題:目標から逆算して予材を描いてみよう
第3回「予材をすすめるためのKPI」
  • 「予材資産」を蓄える「セリングプロセス」
  • 「予材資産」を増やす「ラインコントロール」
  • 課題:予材配線図をふまえKPI対象を仕込んでみよう
第4回「予材管理とPDCAサイクル(1)」
  • 「白地」を「仕掛り」に、「仕掛り」を「見込み」に進めるポイント
  • 「予材コンバージョン率」と「予材状態」
  • 課題:予材を進めるPDCAサイクルをまわしてみよう
第5回「予材管理とPDCAサイクル(2)」
  • 「予材管理ダッシュボード」で現状の活動を確認する
  • 「予材管理」の2つのプロセス
  • 課題:「予材管理ダッシュボード」で組織の課題をつかもう
第6回「予材管理とマーケティング・リーダーシップ・マネジメント」
  • レッドオーシャンを泳ぎ切る「絶対達成」の組織
  • プレイングマネジャーだからできる上司と部下の高速PDCAサイクル
  • 課題:運用定着にむけマネジメントレベルの10段階を整理しよう

全6回集合型研修 日程

タイトル 開催日
9:30~11:30
第1回 予材管理概論
2019/4/17(水)
11:00~17:00
第2回 予材の描き方
2019/5/14(火)
11:00~17:00
第3回 予材をすすめるためのKPI
2019/6/13(木)
11:00~17:00
第4回 予材管理とPDCAサイクル(1)
2019/7/11(木)
11:00~17:00
第5回 予材管理とPDCAサイクル(2)
2019/8/9(金)
11:00~17:00
第6回 予材管理とマーケティング・リーダーシップ・マネジメント
2019/9/12(木)
講師プロフィール

桑原賢一桑原賢一

大手化粧品メーカーを経て、株式会社アタックスへ入社。前職では、中小企業の経営指導から現場販売員のリクルート・指導・育成までトータルに行う。3,000名以上の販売員に対してのカウンセリング相談実績を有し、現場同行指導を通して延べ100名以上のトップセールスを育成した実績をもつ。そこで培った顧客との関係を軸に経営を行う視点と組織運営ノウハウはあらゆる業種・業態の現場改善に対応し、短期間で営業現場の具体的行動を改善させる事に定評がある。また、コンサルティングの継続依頼率は群を抜いており常に非常に高い評価を得ることから、現在、セミナー講演は殆ど行わず、ハンズオン・コンサルティングによる現場指導を中心に実践派・実力派のコンサルタントとして活動している。最低でも目標予算を達成させるマネジメント手法「予材管理」を駆使したその指導範囲は、上場企業の営業戦略構築・運用から、小規模企業の営業組織に対しての直接マネジメント、営業マン個人に対しての個別指導と広範におよび、コンサルティング支援における行動変革率は100%を誇る。

お申込要領

主催
  • アタックス・セールス・アソシエイツ
セミナー会場 アタックスグループ 東京事務所
千代田区神田神保町1丁目105神保町三井ビルディング16F

※なお、駐車場がございませんので、大変恐縮ですが、公共機関にてお越しくださいますようお願い致しま す。

定員 各会場7社限定
最低開催社数:3社以上
セミナー受講料 624,240円(税込)
※予材管理クラウドの初期設定費用を含みます。
絶対達成プライム会員のお客様は、10%割引の価格でご受 講できます。
 624,240円(税込)561,816円(税込)
※同じ会社から2名以上参加される場合、2人目からは354,240円 (税込)です。
※受講料とは別途、予材管理クラウドのライセンス料(1ライセンス5400円(税込)/月)が必要になります。 予材管理クラウドを使用する2019年6月よりライセンス費用が発生いたします。
備考 ※第1回のみ9時30分~11時30分での開催となります。
※コース途中での受講中止による受講費の返金はいたしかねます。
※個人参加、及び同業者の受講をお断りする場合がございます。
※本コースは、「キャリア形成促進助成金」が受給できる場合がございます。キャリア形成助成金については各地 域により給付基準が異なりますので所在地のハローワークにお問い合わせください。
お問合せ先 アタックス・セールス・アソシエイツ
TEL (052)-586-8836
PAGE TOP