アタックス×インバスケット研究所 共同開発
絶対達成インバスケット
絶対達成インバスケット研修は、受講者にとある営業組織のマネジャーになっていただき、ケーススタディに取り組んでいただくアウトプット型の研修です。
ケーススタディでは、お客様からのクレーム、部下からの業務改善依頼、主要顧客との契約打ち切りなど、様々な問題が報告されます。それらの報告に対し、受講者自身で問題の優先順位をつけていただき、対応の指示を出していただきます。
ケーススタディ解答後に、グループワークや講義を行います。
優先順位のつけ方や各問題の適切な指示といった答えを知るだけでなく、他受講者の考え方や問題解決方法を共有することで、自身のマネジメントスキルを多角的に見つめ直すことができます。
絶対達成インバスケット研修
2つの特徴
1.アウトプット型の研修で
  組織のマネジメントスキルを底上げできる
1時間という圧倒的に少ない時間で20問の問題に解答いただくことで、受講者の取り繕っていない普段のマネジメントがそのまま答えに表れます。
後日、15項目のマネジメントスキルが数値化されたフィードバックシートが手元に届きますので、マネジメントの長所や短所、傾向や業務の改善点が明らかになります。
また、ケーススダディは記述式で解答していただきます。その解答をもとにグループワークを実施することで、他のマネジャーと解答や課題解決のプロセスを共有することができます。
「マネジャーとしての理想的なアドバイス・指示はどのようなものか?」とディスカッションで導き出すことで、マネジャー全体のマネジメントスキルを底上げ・統一を図れます。
2.マネジャーの評価基準や
  キャリアプランの参考資料として活用できる
インバスケットは、東証一部上場の50社以上、国内外700社以上の企業で導入されており、昇格試験や人事評価の一環としても活用されています。
絶対達成インバスケットでは通常のインバスケットで測定する基本的なマネジメントスキル10項目に加え、5つの目標達成スキルも測定することができます。
各項目が数値化されるため、普段は判断しづらいマネジャーのマネジメント能力を推し量ることができ、適正な評価を行う材料の1つにできます。
また受講者の強みや弱み、マネジメントの傾向がわかりますので、マネジャーの人選や部署転換の際にも参考にできます。
研修カリキュラム例
10:00~11:00  イントロ「絶対達成インバスケットとは」
絶対達成インバスケットを解いていただく前に、目的・ルール・注意事項などの事前説明を行います。
11:00~12:00  個人演習「絶対達成インバスケット試験」
1時間で全20問のケーススタディに取り組んでいただきます。
13:00~14:00  グループ演習(1)「重要度と緊急度」
ケーススタディで導き出したご自身の答えをもとに、グループで案件の重要度と緊急度を判断し、優先順位を決定いただきます。
14:15~15:45  グループ演習(2)「優先度の高い案件の処理」
ケーススタディから数問抜き出し、グループで取り組みます。他受講者と考え方や課題解決プロセスを共有し、グループで1つの答えを出して発表していただきます。
16:00~16:40  問題解説・講義「マネジメントスキルを底上げするには」
組織で営業目標を達成させるためには、マネジャーはどのように行動すべきかをケーススタディを用いて解説いたします。
16:40~17:00  個人ワーク「スコアリング比較」
ご自身の解答をチェックシートに基づき、自己チェックを実施いたします。
※スコアリング比較は簡易的な自己チェックです。スコアリングシートは別途、研修終了後2週間程度でお届けいたします。
※本カリキュラムは一例です。
 研修実施前に1~2回程度、打ち合わせを実施し御社のご要望に合わせた研修カリキュラムで実施いたします。
本研修に関するお問い合わせはこちら
TEL:052-586-8836
(受付:平日9時~17時30分)
Copyright (C) Attax Sales Associates All Rights Reserved.